2009年1月13日火曜日

PSエミュ「ePSXe1.7」の使い方

PS3やPSPが流行っていますが、初代Playstationをパソコンで遊んでみましょう。

昔のPSのエミュレーションは遊んでられませんでしたが、今はマシンのスペックが上がったおかげで十分遊べます。

これを機に初代名作を遊んでみてください。クロノクロスとかバイオハザードとかクラッシュ・バンディクーとか…


○ソフトのダウンロード

今回使うePSXe v1.7.0はプラグインを追加するタイプなのでダウンロードするものがたくさんあります。
管理人は日本人なので日本語化できるものはなるべくやってしまいます(作者に感謝!)。
最初に全部ダウンロードしてしまいましょう。

ePCXe v1.7.0 本体 epsxe170.zip
ePCXe v1.7.0 日本語化 epsxe170jp.lzh
zlib1.dll zlib1.dll
Pete's OpenGL2 PSX GPU グラフィックプラグイン gpupeteogl209.zip
Pete's OpenGL2 PSX GPU グラフィックプラグイン日本語化 gpupeteogl209J.zip
Eternal SPU 1.5beta2 サウンドプラグイン spuEternal150beta2.zip
Eternal SPU 1.5beta2 サウンドプラグイン日本語化 EternalSPU15b2.zip
BIOS scph7000.zip

ダウンロードしたファイルはとりあえずデスクトップなどに保存してください。


○ファイルの展開

第一の難関です。ダウンロードしたファイルを解凍していきましょう。
ダウンロードしたファイルの拡張子は.zipと.lzhだと思うのでLhaplusなどで解凍できます。
なお、拡張子の表示方法は、マイコンピュータ→ツール→フォルダオプション→表示→登録されている拡張子は表示しないのチェックボックスを外す→OKをクリック で表示できます。

1.epsxe170.zipを解凍

2.epsxe170jp.lzhを解凍

3.epsxe170.zipを解凍して出来たフォルダ「epsxe170」にepsxe170jp.lzhを解凍して出来たフォルダに入っているepsxe170jp.exeをコピーして実行

4.zlib1.zipを解凍

5.epsxe170にzlib1.zipを解凍して出来たフォルダに入っているzlib1.dllをコピーする

6.gpupeteogl209.zipを解凍

7.gpupeteogl209J.zipを解凍

8.gpupeteogl209.zipを解凍して出来たフォルダにgpupeteogl209J.zipを解凍して出来たフォルダに入っているgpupeteogl209J.EXEをコピーして実行

9.spuEternal150beta2.zipを解凍

10.EternalSPU15b2.zipを解凍

11.spuEternal150beta2.zipを解凍して出来たフォルダにEternalSPU15b2.zipを解凍して出来たフォルダに入っているEternalSPU15b2.EXEをコピーして実行

12.epsxe170\pluginsにgpupeteogl209\gpuPeteOpenGL2.dllとspuEternal150beta2\spuEternal.dllとsrcをコピー する

13.scph7000.zipを解凍

14.epsxe170\biosにscph7000.zipを解凍して出来たフォルダに入っているscph7000.binをコピーする



設定の続きはまた今度。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿